「なんばの頂き」

「星霜なる追憶」

「北の国」

おすすめ情報

  • インフォバナー1

    たくさんの人がいますが、これは群がっているのではありません。
    これらはすべて、求職者の群れです。
    そうです。これほどまで今は就職氷河期なのです。

  • インフォバナー2

    映画館や劇場で騒がしくぺちゃくちゃとしゃべっていませんか?
    そんなあなたはすでにロックオンされています。
    NO MORE マナー違反

  • インフォバナー3

    富士山に登る前には必ず読んでください。求人も出していますが、これは本気です。

    富士山をなめてたらけがするぞ!

教授からの言葉

日がすでに傾き、19時頃には夜になっていた。

タウンワークで次の仕事を探すために図書館で求人を探しているといつの間にか時間は過ぎていた。

しかし、そう簡単に悲しみというものは癒えはしない。

自分の彼女がそうなってしまったことに悲しみを抱えながら私は教授の研究室へ向かった。

教授は優しく私に再度授業を教えてくれるだけでなく、いつも法律の議論を行う。

そのたびに「その指摘は素晴らしい。」と必ず褒めてくれていた。

その中で、教授に

「何かあったのかい?普段の明るさがないよ。」

私はことの顛末を話した。

「そうか・・・それは残念だったね。」

教授はコーヒーを飲みながら私になんと声をかけようと悩んでいるようだった。
しかし、教授から出て答えは意外だった。

「けど、別れてよかったんじゃないのかな?今は辛く悲しいと思う。自分の弱さを通関する事になるだろう。けど、『弱い』ってのは決して『悪』じゃないんだよ。『弱い』からこそ人に優しくできることがある。『強さ』だけを持った人間は孤独であり、他人の痛みなど解りはしない。大切なことは、その『弱さ』を受け止め、『弱さ』を持って強くなることなんだと思う。今君は変わろうとするチャンスを手に入れたと思えばいいのじゃないかな?」

思わぬ言葉に自分の背中を押されることがあるというが、正にこの言葉もそうだった。

そして、教授は更に私に言った。